「中市真帆さんとの『自分を知るため』のワークショップ」

高知市こども劇場では、2017年度「みんなぁ育ち合おう部」という専門部を立ち上げました。

部では「子どもとおとなが豊かに育ち合える地域社会作り」をめざし、コミュニケーションを大切に様々な交流や学習をしていきたいと思っています。活動のキーワードは「つながる」「安心」「育ち合う」です。

今年度は、これまでこども劇場が11年続けてきた『感じるつながるあそびの時間』から引き続き、中市真帆さんを講師に迎えて事業を企画し、《平成29年度高知県安心子育て応援事業費補助金助成》を受けて実施しました。

 

12月10日(日)10:00~16:45 南部健康福祉センターにて (参加者:8名)

中市真帆さんを講師に「自分を知る」ためのワークショップをおこないました。 

 

 *まずはウォーミングアップで人間知恵の輪!

  なかなか解けず、何度もやり直し!

  最後はスルッと解けて、あ~すっきり!

 

DSC_2581_2

DSC_2582

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*次は参加者の(中のひとりの)思い出再現ドラマ

  テーマ「冬の思い出」で参加者がそれぞれ思い出を語り、そのうち一人の思い出を

  みんなでドラマ仕立てで再現!本人は出演せず、演出(補助)のみ。

   小学2年生のじゅんちゃんの思い出を再現しました。

  かわいいじゅんちゃん!みんなほっこりしました。

 

DSC_2583_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*その次はヒーリングミュージックを聴き、感じたことを身体で表現。

  まずそれぞれに身体で表現。次に月と太陽の2グループに分かれて最後に全員で表現

  「集中して、方向が定まれば、自然と動ける」

  同じ音楽を聴いても、それぞれみんな違う感じ方をしていたけれど、話し合ったり、

  動いたりしているうちに、最後はみんなでひとつの作品が出来上がりました!

 

 *最後は『こころのなかのビルのお話』という詩を群読。

  聴いて感じ合いながら自分の役割を探して表現しました。

  「おとなはいろんな知恵がついて、疲れないように80%の力しか出さない。

  子どもは遊び呆けて100%の力を出してへとへとになって学んでいく」

  そこで、集中を振り切って、180%の力を出し切って読む!

  参加者の中には、読んだ後眠くなったという人もいました。

 

  真帆さんから聞くお話や遊びのなかには、いろいろなテーマが散りばめられていて、

  たくさんの学びがありました。

  そして、みんなと語ったり、体験したり、時間を共有することで、

  新たに絆が固くなった気がします。

  今回の学びを今後の活動に有効に繋げていきたいなと思いました。

 

記事作成日: 2018-03-23