高学年例会『父と暮らせば』を観て

6月 18th, 2019

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

《高学年以上例会》『父と暮らせば』

2019年5月17日(金)19:00開演 高知市文化プラザかるぽーと小ホール

 

原爆投下後、終戦を迎えた広島を舞台にした父娘の人形舞台劇。シリアスなテーマの舞台にもかかわらず、観客席からは笑いが立ちのぼり、すすり泣く涙の声も聞かれ‥いきいきとした人形遣いと語り手、現在と過去が時には激しく交錯する中で、戦争の悲惨さ、一人ひとりの命の重みを頭ではなく心で感じることができました。戦争体験を持たない私たちであっても世代を超えて、 父娘にこんなにも心重ね合わせることができたのは、むすび座の役者さん、舞台の素晴らしさによるところに他なりません。終演後も名残惜しく、舞台に見入る観客たちの姿がありました。

8C647A80-B672-44FA-8C59-2DCAC559CF83

 6AB873B4-B122-444C-9103-69DE91542A68

 

Mari

低学年例会『ぱらりっとせ』あそびの楽しさ感じた舞台

6月 18th, 2019

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

2019年5月30日(木)・31日(金)の2日間、かるぽーと小ホールにて、低学年例会『ぱらりっとせ』(劇団風の子中部)がおこなわれました。

ぱらりっとせ1

「日本のへそ」とも呼ばれる岐阜県から来てくれた風の子中部の皆さん。『ぱらりっとせ』は飛騨・美濃地方に伝わるわらべうたの掛け声で、劇団の皆さんは、そのわらべうたを歌いながら客席の後ろ側から登場しました。

 

お手玉やなわとび・竹馬ではあっと驚く技の数々!昔の街道筋の人の往来をお芝居仕立てで見せながら、名産の和傘に紙ふうせんを乗せてクルクル回すなど、どんどん出てくる楽しいあそびに、会場の子どもたちも参加したそうに身を乗り出して楽しんでいました。

 

舞台の最後は『花さかこぞう』という短いむかし話のお芝居。汗が飛び散るような熱演と、楽しい語りと三味線で、ハラハラドキドキワクワクしているうちにあっという間におしまいになりました。

ぱらりっとせ4ぱらりっとせ6

 

会場ロビーには、あそびゴコロを刺激された子どもたちのために『あそびコーナー』が作られていました。子どもたちはお手玉をしたり、ぶんぶんごまや折り紙のこまをまわしたり、缶ぽっくりに乗って歩くなどして、いきいきと楽しんでいました。

ぱらりっとせ3

ぱらりっとせ7

搬出を終えた後、記念にパチリ。二日間、素敵で楽しい舞台をありがとうございました!

みんなであそぼ

6月 17th, 2019

こども劇場西地区では主に就学前のお子さんとおとなを対象に、絵本の読み聞かせやパネルシアター、リトミックなどを一緒に楽しむ場を設けています。偶数月に一回、朝倉ふれあいセンターにて開催しています。

写真は2月開催時のものです。

0C273257-C226-41F8-BFAF-26260DE6D45E

カチコチ いま 何時?

外は寒いですが、ポカポカ暖かい和室でリラックス。

32E3B1C9-B81B-4601-9706-6699D0873E0D

手遊びチャ、チャ、チャ🎶

5F60F17B-F29B-4DC0-BF80-26FD12D788E7

さあ次は、パネルシアターの時間ですよ!

ぶたさん、ぶたさん 何ほしい?  

D28B7383-990D-4CF6-BB99-9A417CC94ECC

いっぱいお話しを楽しんだ後は みんな心も体も温かくなって、笑顔でお歌を歌って帰りました。

今日見たお話しやわらべ歌、お家でも親子で思い出して楽しんでみてくださいね。

 

これからも、子どもとおとながほっこりできる場を

定期的に開催します。

どなたもお気軽にお越しくださいね。

 

Mari

 

 

『ぱらりっとせ』事前 中地区交流会

5月 28th, 2019

5/19(日)10:00~福井町の「あそび山」で、5月期低学年鑑賞例会『ぱらりっとせ』の事前お楽しみ企画・中地区交流会を行いました。(参加者:おとな11名・子ども12名・スタッフ4名)
『ぱらりっとせ』は、“あそび” の中で文化を築いてきた子どもの力を信じ、新しい劇空間を作り上げていこうとしている「劇団風の子中部」による舞台劇です。お手玉やなわとび、竹馬など技ある昔遊びやわらべうた、地域に伝わる郡上踊りに「語り芝居 はなさかこぞう」などが、岐阜弁で情緒豊かに演じられます。
今回は、そんな遊びを取り入れながら楽しみました。
お天気が心配でしたが、最後まで雨が降ることなく交流会が出来良かったです。

 

image2 (1)

 

 

ラジオ体操とジャンケン列車で身体をほぐして始まりました。

 

 

 

 

 

image3

 

 

竹馬はちょっとむつかしいので、ちいさい人でも楽しめる缶ぽっくり遊びをしました。まず、空き缶や牛乳パックを使って、テープで飾りを付けたりマジックで絵を描いて、オリジナルのぽっくり作り。

 

 

 

image1 (2)

image4

image3 (1)

image4

 

 

 

 

 

image5image6image7中地区交流会

 

 

 

 

 

ぽっくり出来た人から早速 練習!練習!

 

中地区交流会2image3

 

 

 

 

 

 

子どももおとなも自分のテンポでよーいドン!!面白かった~。

 

 

image2image3

 

 

 

 

 

 

次は、おじゃみの代わりに新聞紙ボールを使っての玉入れ!

みんなでで走りまわって大盛り上がり!給水タイムでひとやすみ。

 

 

image5image6月image4

 

 

 

 

image9

image5

image9

 

 

 

 

そして、ゴムとびをしました。年齢にあわせてゴムの高さをかえてとびました。おとなからは、自分が子どもの時にしていた跳び方の話がどんどん出ました。ゴムを手で押さえたり、足でひっかけたり、歌いながら次々にポジションをかえてその場で続けて跳んだり、おとながやってみせて、子どもたちに伝授されましたよ!子どもの頃にみんなで身体を使ってたっぷり遊んだことを思い出し、それがとても楽しく大切なことだったと実感しました。

 

image15

 

最後は、わらべうたの「さよならあんころもちまたきなこ」でさようなら。

今度は、5/30・31の低学年鑑賞例会『ぱらりっとせ』(かるぽーと小ホール19:00~)で会いましょう。

 

 

 

Ako

 

高学年例会『父と暮せば』

5月 16th, 2019

高知市こども劇場では、子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に会員が集って観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

2019年5月期の高学年例会

人形劇『父と暮せば』人形劇団むすび座

2019年5月17(金) 19:00~かるぽーと小ホールにて

 

父と暮せば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演出の木村繁さんの言葉より

「『父と暮せば』は故・井上ひさしさんの異色の喜劇です。井上さんは喜劇の手法を使って、シリアスな原爆ドラマを笑いと涙の渦に仕立てました。私は演出に当たり、父と娘の役を、人形遣いと語り手に分離しました。分離することにより、又、時にはその役割を交換することにより、新しい人形劇の可能性を生み出したい、戯曲の喜劇性をより鮮明にしたいと目論みました。」

むすび座のベテラン役者によって、その木村さんの挑戦は見事に成功し、人形劇ならではの醍醐味の感じられる舞台になっています。

色彩を抑えた中にも、ユーモアと味のある美術・小道具が色を添え、古くも新しいテーマを持って、心に迫るものとなるでしょう。

 

お申込み・お問い合わせは高知市こども劇場事務局まで。 TEL 088-879-7160

火~金 10:00~18:00   土10:00~17:00 (日・月・祝祭日・例会翌日は閉局)