土佐チル

こんにちは!『土佐チル』です。

 

 「土佐チル」は「土佐っ子+チルドレン」を縮めたものです。高知市こども劇場の小学生から高校生までの仲間が集まって、自分たちがやりたいと思った演目を練習し、『出前舞台』として届けることで地域を楽しくし、笑顔と感動と交流を生んでいこうと、活動してきました。2012年にこの活動を始めて、当時創設されたばかりの高知市子どもまちづくり基金助成金事業『こうちこどもファンド』の助成を、3年間続けて受けました。

 3年間の出前舞台活動で、たくさんの人に出会いました。幼稚園や保育園の小さい子どもたちから、高齢者施設のお年寄りまで、いろんな年代の人達の笑顔を見て、喜んでくれて、「また来てね」と言ってもらえて、とてもうれしく、またがんばろう!という気持ちになりました。もっとわかり合いたい、と認知症サポーター養成講座を受講したりもしました。2014年度の出前舞台は、『マジック班』『ダンス班』『劇班』『バンド班』全班合わせて70ステージ以上、3,000人以上の人に出会いました。

 2014年度で『こうちこどもファンド』の助成は卒業しました。これまで活動してきたすべての班ができるわけではありませんが、今後も出前舞台は続けていきたいと考えている班もあります。

それだけでなく、これからの土佐チルは、高知市こども劇場のおもに小学4年生以上高校3年生までの子どもの参加する活動を、子どもたち自身楽しみながら企画・運営する仲間として、つながり続けていきます。

『観る』楽しさと『交流する』楽しさを味わえる『土佐チル』の出前舞台や楽しい企画で、笑い合い、一緒に元気になっていきましょう!

 


『土佐チル』の出前舞台について

  1. お届けできる演目は、『マジック』『バンド』です。『演劇』についてはご相談ください。
  2. 出演依頼を受けたら、各演目の子どもたちとおとな担当者とで話し合って調整し、行けるかどうかをお返事します。