報告遅くなりました!おもしろかったね!12月期幼児例会『おもしろげきじょう』

 

 

高知市こども劇場では、子どもとおとなが一緒に年に4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

2017年12月7日(木)19:00~高知市文化プラザかるぽーと小ホールにて人形劇団京芸による

〈幼児例会〉『おもしろげきじょう いぬうえくんとくまざわくん』を上演しました。

「目に見えるモノやコトばかりを求める声が日々大きくなる中で、出会いの物語が持つ小さなポエジーがいつか大きな生きる力となるのを信じて、『目に見えないもの』を届けたい。そして一緒に『おもしろいね』って言いたい。」という思いで作られた、3本立ての作品でした。

1つめの『ゆかちゃんのおさんぽ』では、ゆかちゃんとペンギンたちが南極までペタペタ足音をそろえて進みます。どんどんペンギンが増えて行くさまが面白い!

2つめの『ひとがたくん』「人」の字が勝手に動き出し、飛び跳ねるのが子どもたちの心をくすぐりました。

3つめの『いぬうえくんとくまざわくん』では、2匹が仲良くなって、本気でけんかして、そしてしっかり仲直りする。友だちって何?小道具の工夫が冴えていて不思議がいっぱい!                                    

みんなで一緒におもしろかったね!と言い合える作品でした。DSCF6232 - コピーDSCF6231 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事作成日: 2018-03-01