高学年例会『あの夏の絵』
秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

2018年10月26日(金)19:00~高知県立県民文化ホール(グリーン)

高学年(小学校4年生以上~大人)向け鑑賞定例会(以後、例会)『あの夏の絵』の舞台公演があります。

 

あの夏の絵_001_page001

被爆から70年。

記憶を伝え残すために語り始めた被爆者と、それを受け止め、絵に表現することに挑んだ高校生たちの2015年夏の物語。同年12月に初演し客席を感動の渦の巻き込んだ作品が、待望の全国公演に!

 

こども劇場は会員制で運営していますが、今回は中・高校生からおとなまで、たくさんの方に観ていただきたいと特別入場券を発行しています。

 学生券(小学4年生以上) ¥2000     一般券 ¥5200

そして、例会をより楽しむために、事前関連企画として以下の3つの講座を開催します。入場券をお持ちの方はどなたでも参加できます!

入場券購入・事前講座参加希望の方は、事務局まで申し込みをお願いします。

  TEL(088)879-7160 FAX(088)879-7161  

  火~金10:00~18:00 土10:00~17:00 日,月,祝祭日,例会翌日は閉局

 

①「脚本・演出の福山啓子さんのお話を聞く」7/23(月)14:00~16:00    

高知県立県民文化ホール第5多目的室

 現在に生きる高校生の実体験をもとに作られたこの舞台がどのようにして出来上がったか・・・ そのいきさつや福山さんの思いを直接聞きます。

2006年初演の『博士の愛した数式』で脚本・演出を担当、児童福祉文化賞(厚生労働大臣賞)受賞。 2013年の高学年例会『野球部員、舞台に立つ!』で脚本・演出など。この作品も実話をもとに、取材を重ね、ぜひ多くの人に知ってほしいと丁寧に作られた舞台であり、心に響くものでした。

②「平和ってすてきだね~あの時のことの話」8/4(土)14:00~16:00

                高知こどもの図書館2F本の広場

 8月6日に広島できのこ雲をみた鈴木高穂さんから「平和を語りつぐ」お話を聞きます。

(土居フミ子さんとおふたりから話を聞く予定でしたが、都合により鈴木さんおひとりになることをご了承ください。)

③「『あの夏の絵』の高校生役の俳優さんの話を聞く」10/7(日)14:00~16:00

                          高知県立県民文化ホール第5多目的室

青年劇場の俳優さんをお招きし、少し体を動かした後お話を聞きます。考え悩みながら役作りした体験を聞き、作品への興味を深めます。

 

 

記事作成日: 2018-10-09