Archive for the ‘その他’ Category

『今月の坂クマさん』更新!

4月 26th, 2018

新しい『坂クマのまんが』のページupしました。

良かったら寄ってみてください!→ 「今すぐ見る!」

5月期〈小学生以上例会〉『アラビアンナイト』人形劇団むすび座

4月 11th, 2018

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

特定非営利活動法人高知市こども劇場舞台鑑賞定例会

〈小学生以上例会〉『アラビアンナイト~魔法のランプと明日のヒカリ~』

2018年5月22日(火)19:00開演 (上演時間:1時間30分) 

高知県立県民文化ホール(グリーン)

 *4歳未満の方は入場できません。

 託児(6ヶ月以上)もありますが、詳しくは事務局までお問い合わせ下さい。

 火~金10:00~18:00 土10:00~17:00  TEL 088(879)7160

アラビアンナイト2

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法のランプを手に入れ大金持ちになったアミン。しかし王様の怒りを買い、

ランプも家も財宝も、そして最愛の母親も何もかも奪われてしまいます。

アミンは再び立ち上がり、母を救い出すことができるでしょうか!?

永い年月を経て集められた「アラビアンナイト」。その物語の数々には生き

抜くための勇気と知恵が詰まっています。不思議なことが起こる世界に冒険

の旅に出かけ、人形劇という魔法で人々に勇気と知恵を届けます。

 

 

 

 

5月期〈幼児例会〉『ともだちげきじょう』人形劇団ののはな

4月 11th, 2018

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

特定非営利活動法人高知市こども劇場舞台鑑賞定例会

〈幼児例会〉『ともだちげきじょう』人形劇団ののはな

 2018年5月16日(水)19:00開演 (上演時間45分)

 高知県立県民文化ホール 第6多目的室

‚Æ‚à‚¾‚¿‚°‚«‚¶‚傤ƒ|ƒXƒ^[

 

 

 

 

 

 

 

 

『ともだちげきじょう』は、「しろくまちゃん」「ウレタンロボット」

「コップんこシアター」 「ぴょんちゃん・けろちゃん」「うどんの

うーやん」の5つのたのしい人形劇で構成された幼児・低学年向けの

作品です。乳児でも見られます。最初はセリフのない作品。次はワーク

から生まれた作品です。想像する楽しさと創造性を刺激します。

後半は人気の絵本「うどんのうーやん」。食べ物のうどんが困った人や

弱い人を助けて一緒にどんぶりに入り出前に行くのです。

愉快で温かいお話です。様々な人形の動きに魅力があります。観客と一緒

にわいわいと楽しみます。平成29年度児童福祉文化賞特別推薦作品!

 

 

 

 

「ひな祭りお茶会」

3月 23rd, 2018

2018年3月3日(土) 13:30~15:30 高知市南部健康福祉センター会議室   参加者:12名

2017年12月10日と2018年2月4日の事業の参加者を中心に、こども劇場スタッフと「(その後の)ひな祭りお茶会」をしました。

まず「自分を知る・他の人を知る」ためのワークショップをたっぷりして、気持ちをゆるめお互いに親近感を持ちました。

 

DSCF6834

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6840

DSCF6849

 

 

 

 

 

 

 

その後、ひな祭りのお菓子を食べお茶を飲みながら、前回のワークショップで感じたことやそれ以後の出来事を語り合いました。

DSCF6858

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップで気付いたことや、子どもとの関係に生かそうとしたエピソードが様々出てきて、想いを共有でき実りある時間となりました。

ERI

中市真帆さんと遊ぼう!しゃべろう!

3月 23rd, 2018

2018年2月4日(日) 江ノ口コミュニティーセンター5階ホールにて「中市真帆さんと遊ぼう!しゃべろう!」を開催しました。

親子で一緒に遊ぶことで、楽しさの共有ができ、お互いの新たな一面にも気付くはず。

そして遊んだ後に、おとなは講師と話をしてワークショップの持つ意味への理解を深められることを期待しました。

はじめの1時間半は親子で遊び、

後の半時間は子どもたちはスタッフと引き続き遊び、おとなは別室で真帆さんと話をしました。

①年少~年長児の部 10:00~12:00

『お茶を飲みにきてください♪』のわらべうた遊びや「ジャンケン列車ゲーム」で、心と身体をほぐしました。

DSCF6608

 

 

 

 

 

 

 

それから、親子が向かい合って座り、親と子どもが手のひらをくっつけて動かす遊びでは、感じ合い・同調・協調といった感覚を体感。

DSCF6614

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、「お米の成長の話」を表現を交えながら聞いた後、子どもたちが実際に表現していく遊びでは、子どもたちが親に大事にされているという感覚が持てるものでした。

DSCF6625

DSCF6648

 

 

 

 

 

 

 

そして「大根一本ちょうだいな」のわらべうた遊びでは、子どもとおとなが順番に大根と大根を引き抜くひとになり、力を合わせて大根を引き抜く体験をしました。真帆さんから、遊びのなかで成功体験を積み重ねることが大切だと教わりました。

DSCF6670

DSCF6659

 

 

 

 

 

 

最後に、輪になって手をつないでギュッーと力を込めて握り合い、楽しかった気持ちとまた

会おうねの気持ちを伝えました。

DSCF6681

 

 

 

 

 

 

 

 

②小学1~3年生の部 13:30~15:30

「はい・いいえクイズ」と「まねっこリズム遊び」でまず心と身体をほぐしました。

それから「鬼あて遊び」、『ぺこぺこライオン』の絵本をもとにした「ライオンとラクダの追いかけっこ遊び」をしました。

その後、午前中と同じ「『大根一本ちょうだいな』のわらべうた遊び」をしましたが、小学生らしく子どもたちが話し合う姿は頼もしく、力もあり、おとな大根はどんどん抜かれて行きました!

DSCF6778

DSCF6779

 

 

 

 

 

 

 

最後に気持ちを緩めるため『ねこガム』の絵本を読んでもらってから、みんなで輪になり気持ちを込めて手をギューッと握り合いました。

DSCF6820

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の中市真帆さんとおとなの会では

「どうやって子どもと遊んだらいいのかわからない」「子ども同士どうやって遊んでいるのだろう」と心配な気持ちを抱えたおとなの参加者もいた中、真帆さんから「遊びは楽しいだけでなく、やり直しもできる、成功体験も味わえるもので子どもの育ちに必要なもの」「みんなで遊ぶためには、工夫して規制のルールを変えてもいいんだよ」などたくさんの言葉がありました。

「遊びに意味があると知った」「ものを使わなくても遊べるんだと分かった」「親子で遊ぶことが楽しかった」などの気付きの感想があり、充実した1日になりました。

ERI