Archive for the ‘舞台鑑賞事業関連’ Category

小学生以上例会『オペラ 銀のロバ』

11月 14th, 2017

高知市こども劇場の2017年12月期の小学生以上例会は、オペラシアターこんにゃく座の『オペラ 銀のロバ』です。

2017年12月12日(火)19:00~高知県立県民文化ホール(グリーン)にて

 

20171007113812246_page001

ひんやりとした春の朝。森の中で幼い姉妹が出会ったのは戦場を逃げだしてきた、目の見えないひとりの兵士。兵士を助けようとする姉妹、故郷に残した病気の弟を思い帰りたい兵士。敵にも味方にも家族はいる。戦争はつらい、平和であってほしいと願わずにはいられない作品です。

『銀のロバ』は病気の弟が兵士に託した「幸運のお守り」。兵士が語る銀のロバにまつわる3つの物語が劇中劇として繰り広げられます。

 

 

2015年『厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財』認定

2015年『児童福祉文化章推薦作品』受章


【オペラシアターこんにゃく座とは】

オペラシアターこんにゃく座は、「新しい日本のオペラの創造と普及」を目的に掲げ、1971年に創立されました。自国語のオペラ作品をレパートリーとし、恒常的にオペラを上演する専門のオペラ劇団として全国各地で公演を行っています。

日本にオペラが紹介されてから今日に至るまで、日本では、ヨーロッパで通用するオペラ歌手の育成に力を注いでいます。その結果、日本語を歌う技術はなおざりにされています。そんななかで、こんにゃく座はよく聞き取れる、すなわち内容の伝わる歌唱表現を獲得することを、創立当初からの目的とし、その成果は各方面からの評価を得るに至っています。

 

低学年例会「ともだちや あいつもともだち」

10月 2nd, 2017

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 9月20日(水),21日(木)19:00〜高知市文化プラザかるぽーと小ホールにて低学年例会「ともだちや あいつもともだち」がありました。

ロビーには8月末のこども劇場の行事「縁日」の写真とともに「ともだちや」のかわいい顔出しパネルがありました。子どももおとなも顔を出して「ともだちや」の主人公になりきっていました。

20170927_174034

 

今回の舞台は「ともだちや」シリーズから三作品をもとに構成されています。

メンバーは三人で、木の精の登場からお話が始まりました。

キツネとオオカミはほんとうのともだちとは何かを探し考える旅に出ます。

キツネは「ともだちや〜一時間百円で〜す」とともだちやののぼり旗をせおってともだちを見つけます。そこで出会ったかわいい動物たちと遊んだり話をしていくうちにともだちってこういうことかな、とキツネは感じていきます。

そしてオオカミに出会い「ともだちからお金をとるのかい?ほんとうのともだちならお金なんて必要ないよ」と言われます。

キツネはそのときオオカミとほんとうのともだちになれたと思いました。だけど、お互いがほんとうにともだちと感じているか確認をしたかったので、キツネとオオカミがそれぞれ入れ換わることにしました。

キツネとオオカミの配役を入れ換えるという大胆でおもしろい演出です。

配役が変わるとまた見る景色が違ってきます。相手の立場にたてば相手の気持ちがよくわかりますね。

子どもたちは楽しくて予想外な演出に大笑いしたり、応援したり、怒ったり素直に感情を表現していました。

おとなもくすくす笑ったりしんみり思ったり。ほんとうのともだちってなんだろう、ふとおとなも考えます。

                 ヒロ

20170927_173909

 

20170927_174249

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低学年例会「ともだちや」

7月 25th, 2017

 高知市こども劇場の2017年度9月期低学年例会は、名古屋の劇団うりんこによる舞台劇「ともだちや」です!

9月20日(水)、21日(木)19:00~かるぽーと小ホールにて 

 大人気の絵本「おれたち、ともだち!」シリーズがお芝居になりました!みえっぱり、いじっぱり、きどりや、さみしがりや…いろんなともだちが活躍します。

ぜひともだちを誘って見に来てくださいね♪

img20161031170221550355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read the rest of this entry »

「だるま食堂の日替わりコント定食」

5月 29th, 2017

「子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。

定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。」 

 

5月12日(金) 19:00~かるぽーと小ホールにて、高学年例会「だるま食堂の日替わりコント

定食」がありました。

 

20170512_162834

 

老若男女、抱腹絶倒!

女性3人のコントグループ「だるま食堂」です。

 

 

笑って健康、ご飯がうまい!

始まる前から楽しみでたまりません。

 

 

 

 

20170519_141036

 

小夜食 (劇団のみなさんに用意する軽めの食事) も「だるま」!

美味しそう♡

気分も盛り上がります。

 

 

 

 

始まると「コント定食」だけあって、あとからあとから出てくるコントに笑って笑って

腹筋が痛い!!楽しすぎて大笑いの会場でした。

2幕のショ―も大盛り上がり!!

 

DSCF5816

 

 

当番の子どもたちからのプレゼントに

にっこり!

 

 

 

 

 

 

 

20170528_102108

 

終演後はまるで公演の続きのような

コント満載の御三方を囲み交流会を

楽しみました。

(理事・専門部の有志が参加)

 

 

 

 AKO

劇団うりんこ 「妥協点P」

5月 23rd, 2017

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台

(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。

定期的・継続的に観るので、

舞台鑑賞(定)例会と言います。

3月21日(火)19:00開演   かるぽーと

小ホールにて、高学年例会が行なわれました。

舞台の真っ青な壁にはPの文字。

高校の図書準備室で繰り広げられる

4人の教師と1人の生徒の群像劇。

 DSCF5792 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 畳みかけるような台詞のシーンの連続で爆笑。

 その一方でジワジワと笑いが込み上げてくるおかしさもあって、

観客はすっかり魅了され

最高にエキサイティングな舞台でした!

妥協点を探して迷走する教師と

決して妥協しようとしない教師、

そして沈黙を貫く女子生徒。
皆さんは誰と自分を重ね合わせましたか。

それとも身近な誰かを見ているような…

 DSCF5793

 役者さんとのアフタートーク。

最初こそ緊張気味の会場でしたが、

「女子生徒の役者さんは何歳?」
「登場人物の取り乱していくさまが凄い!」

「全然共感出来なかった教師役、

あのセリフから共感できた!」

など、さまざまな意見が出てきて

役者さんも丁寧に答えて下さいました。

これもまたとない貴重な時間となりました。

舞台の楽しさを存分に味わった1日でした。

【くま】