こんにちは!広報部です

坂クマさん
坂クマさん

こんにちは!高知市こども劇場広報部です。
今回は、広報部がどんな組織なのか、役割や活動内容やメンバーの思いを紹介したいと思います。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

広報部の位置づけ

高知市こども劇場には専門部といわれる以下の4つの部があります。

広報部はその中のひとつで現在8名の部員と事務局で運営しています。(2020年6月現在)
部員には会員であれば誰でもなれます。
他の3つの部の紹介についてはこちらをご覧ください。

4つの専門部
  1. 子ども舞台研究部(子ぶた研)
  2. 高学年部
  3. みんなぁ育ちあおう部
  4. 広報部

広報部の役割について

私たち広報部のミッションは、劇場の活動や存在意義、思いなど、大切な情報をいち早く広く正確に届けることです。

このミッションを遂行するために、以下の媒体を運営しています。
部員全員が集まるのは年4回の広報部会です。それ以外は各組に分かれて任務を遂行しています。

広報部の担当分野
  • ごあんない制作組
    ごあんない(年間案内リーフレット)制作
  • HP組
    ホームページ(HP)運営管理
  • かんげきnews組
    かんげきnews発行(年3回発行)
  • FB組
    フェイスブック(ページ・グループ)運営
  • LINE組
    LINE公式ページ運営

2019年度までは部員全員が上記の項目すべてについて直接かかわって運営していましたが、2020年度からは組ごとにそれぞれのプロジェクトを進めるように分担しています。
広報部は劇場会員であれば、やりたい組を選んで誰でもなれます!
興味がある方は次の項を読んでみてください。

広報部員ってこんなとこ。部員の思い

文章を書くことは苦手だけど、広報部の活動を通じて文章を構成したりPCを使うことを学ぶことができる。ここに居れば、人間としてのスキルもPCのスキルも上がるし楽しい。

書くこと、読むこと、文章が好きな人は、いろんな価値観や表現に触れたり、自分自身もソフトとハード両面で新たな表現方法を身につけることができる。
誠実で責任感ある人の集まりなので、 初心者にも気持ちに寄り添い、 入部しても安心して活動することができる。

情報ツールはどんどん進化するので、いろんな人のアンテナに引っかかるように、広報していく専門部。お互いに励まし合いながらスキルアップして対応している

広報部に入ってから伝えることに敏感になり、
世の中のニュースや情報発信にも興味が湧いてきました。新聞などにも以前より目を通すようになりました。
情報の整理の仕方や、分かりやすく伝えるための表現に長けた方が多くとても勉強になります。
自分自身の実生活や子育てにも大きくプラスになっています。

親子で良い思い出が沢山作れます。
そのこども劇場を、心から楽しめる良さを知ってもらいたい。
知らない人たちにもどうやって広くよく知ってもらうか、みんなで考え、練り、作り上げていく作業は、とても有意義です。
広報部は、みんなが本気でとても楽しいところです。

さいごに

広報部のミッションや活動内容について書きました。
広報部員全員が素人で、毎回みんなで調べたり教え合ったりしながら運営しています。
活動は簡単ではない部分も多いけど、励まし合いながら頑張れる仲間もできて充実します。
これを読んで、一緒に活動してみたいな、という方がいたら是非手を挙げてくださいね。いつでも大歓迎です!

 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました