演出◆眞鍋卓嗣(まなべたかし)

1975年生まれ。東京都出身。劇団俳優座文藝演出部所属。同付属演劇研究所講師。
劇団での主な演出作品に『先生のオリザニン』(加藤 剛主演)、『海の凹凸』(作:詩森ろば)、『首のないカマキリ』(作:横山拓也)、『インコグニート』(作:ニック・ペイン)、『雉はじめて鳴く』(作:横山拓也)、『心の嘘』(作:サム・シェパード)など。
劇団外では、さいたまネクスト・シアター『朝のライラック』(作:ガンナーム・ガンナーム/パレスチナ)、東京二期会オペラ『メリー・ウィドー』(作曲:レハール、指揮沖澤のどか)、名取事務所『少年Bが住む家』(作:イ・ボラム)など。
そのほか、2014年より、中島みゆき『夜会』シリーズにステージングとして参加。2018年名取事務所『象』(作:別役 実)においては、ロシア・ルーマニア巡演を成功させた。
オペラシアターこんにゃく座では2016年『Opera club Macbeth』、2019年『遠野物語』の演出を務めた。日本演出者協会会員。日本劇団協議会常務理事。

タイトルとURLをコピーしました