↓こちらの文字をもっと目立たせて(ポイント上げるか画像にする)↓

2021年1月、高知市こども劇場は創立50周年を迎えます。これを記念して、「子どもとおとなが文化芸術を真ん中に集える場所を作ろう」を合言葉に、高知市のあちこちでさまざまな楽しい場を作り、ドキドキとワクワクを広げていく事業を行います。

↓タイトルについては➀数字を大きくするパターン②新たに中津留さんに提案してもらうの2択となりましたので、新たに提案できるものがあれば提案していただき、無ければ数字を大きくするパターンで

【日時】 2020年11月14日(土)
  昼の部「入門編」15:00開演(主に小学生以上向け)
  夜の部「中級編」18:30開演(主に中学生以上向け)
【場所】 高知県立美術館能楽堂

【内容】
大蔵流狂言方茂山千五郎家を迎え、おやこ狂言の上演を行います。また、それに付随して、小学校の授業と連携したワークショップ、講演会も企画しています。

【日時】 2021年5月1日(土)~2日(日)10:00~17:00(夜間は未定)
【場所】 高知市文化プラザ かるぽーと 7階市民ギャラリー(全フロア)、

ガレリア、大ホール(5月2日午後のみ)
【内容】
フェスティバルでは、みる・あそぶ・まなぶ・たべる・つながるをテーマに多彩なプログラムを通じて、子どもとおとなが文化芸術を真ん中に集える場所をつくります。

文字の大きさや太字の設定がバラバラになっているので全体のバランスを見て調整してください。

【日時】 2021年秋
【内容】
「子どもとおとなが文化芸術を真ん中に集える場所を作ろう」を合言葉に、さまざまなアプローチで行う記念事業のひとつとして、ゲストスピーカーを招いて、子どもの育ちや文化芸術について、アカデミックな学びの場となる講演会を行います。

【日時】 2021年12月19日(日)14:00~
【場所】 高知県立県民文化ホール(オレンジ)
【対象】 4才以上

【内容】
高知市こども劇場と同じく50周年を迎えるオペラシアターこんにゃく座の、オペラ『森は生きている』を上演します。現在を生きる子どもたちに届けたい大切な物語をたくさんの人と楽しみたいと考えています。

【日時】 2022年1月
【内容】
高知市こども劇場会員のための、子どももおとなも一緒になって50周年を祝う会を開催します。

↑文字を見やすいように背景白にしてみましたがここはデザイナーさんにお任せします。↑

《応援、よろしくお願いします!》
50周年記念事業は盛りだくさん!それぞれの事業が成功するように、いろんな応援・協力を募っています。

タイトルとURLをコピーしました