2023年度例会企画作品検討会「ナニミル」第1回

高知市こども劇場では会員が自分たちで、生の舞台を観る場を作っています。観る作品を選ぶことも、楽しくて大切なこと。「例会企画作品検討会」に参加してほしいと、「ナニミル~みんなぁでえらぼうみんなの舞台」通称「ナニミル」の会と呼んでいます。

2022年3月5日(土)10:00~12:00  事務所&オンライン(Zoom)  参加者 14名

自分たちの例会を決めるための会『ナニミル』を、コロナ感染状況を配慮して、事務所とオンラインで開催しました。今年は2023年度(2023年9月期~2024年5月期)の例会作品を選んでいきます。

第1回では、2月に理事・子どもの舞台研究部員・各地区運営委員が事前アンケートで選んだ作品の紹介や、選んだ理由を話し合いました。

50周年記念の昨年は、たくさんの子どもとおとなが生の舞台に出会い、心揺さぶられる体験をすることができました。コロナ禍という状況があるからこそ、より求められるものがある、と感じたその余韻の中での会となりました。

子どもの成長を見守る心地よいつながりの持てる場所で、『観る』ことを大切にしていきたいなと感じています。

会員ならだれでも参加できる会です。あと2回ある会に、参加してみませんか!?

子どもの舞台研究部 E.K

2023年の例会が決まるまでの流れ

「子ども舞台芸術作品パンフレット」掲載の約500作品から、事前アンケートで約70作品選びました。(子どもの舞台研究部部員、理事、各地区運営委員による)

事前アンケートで選ばれた作品の内容やおすすめポイントを紹介しました。

さらに、気になる作品の内容共有や質疑応答をした後、参加者全員で投票を行い会員アンケートの小冊子に載せる作品(約20作品)を選びます。 事務所&zoomで開催

ナニミル第2回で選んだ作品から4才以上の会員1人1人が見たい作品を選びます。

会員アンケートを参考に、年間計画をたてていきます。この内容をもとに四国会や中四国ネットで話し合いをします。事務所&zoomで開催(四国会や中四国ネットのコース作りの会が7~8月中にあります。)

2023年度例会作品決定&決定作品を楽しむための話し合いの会。2023年9月~2024年5月までの例会作品を決定します。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました