こんにちは!高学年部です

ミルくん
ミルくん

こんにちは!高知市こども劇場高学年部です。
今回は、高学年部がどんな集まりなのか、役割や活動内容やメンバーの思いを紹介したいと思います。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

高学年部の位置づけ

高知市こども劇場には専門部といわれる以下の4つの部があります。

高学年部はその中のひとつです。
部員には正会員であれば誰でもなれます。
他の3つの部の紹介についてはこちらをご覧ください。

4つの専門部
  1. 子ども舞台研究部(子ぶた研)
  2. 高学年部
  3. みんなぁ育ちあおう部
  4. 広報部

高学年部の役割について

私たち高学年部の役割は、高学年の子どもたち(小学4年生から高校生まで)に関する活動を推進することです。

現在は、主に土佐チルのミーティングに寄り添い、活動のサポートを行っています。
近年実現していませんが、高学年の子どもに関するおとなの学びの場も視野に入れています。

高学年部ってこんなとこ。部員の思い

我が子もよその子も、同じように関われて楽しい経験ができます。元気をもらえる、そしてイマドキの情報も聞ける、高学年の子どもたちと一緒に貴重な時間を過ごせます。

子どもたちと関わることで、普段見えない部分や成長していく様子が見えて、とても感動します。子どもたちのサポートを一緒にやってみませんか?

子どもたちはひとりの人間として尊重すべき存在であること、分かってはいても我が子に対してはなかなか伴わなかったことを、意識するようになるため実践できるようになります。
子どもたちに対しても、自分がそういう存在であるということを伝えながら自尊心を育てて欲しいと願っています。自尊心は自立心を育みます。

さいごに

高学年の子どもたちを見守りながら、彼らに感動したり力をもらうことも多々あります。
土佐チルの活動が素晴らしいことは関わっていただけたらすぐに分かります。
しかし残念なことに、サポート側のおとなが不足しています。ほとんど子どもたちが主体的に進めていますが、おとなにしか担えない役割もあり、それが欠けると彼らの活動が立ち行かないのも事実です。
高学年部では、忙しいことも難しいこともありません。高学年部で必要なのは、子どもたちとひとりの人間として向き合う素直な気持ちだけ!得難い経験が待ってます。高学年部の仲間になりませんか?

おとなサポーターも募集中!
部員でなくても、単発の行事にスタッフとして関わってくださるおとなも募集しています。
登録していただいて、行事の日程と都合が合えばご協力ください。
例:合宿スタッフ・ボウリング大会やスポーツ交流会の付き添いなど

員・おとなサポーターに興味のある方は、事務局か最寄りの高学年部員までお声がけください!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました