ココロをはぐくむ時間

(平成31年度 高知県安心子育て応援事業費補助事業)

子どもとおとなが安心してつながり育ち合える地域社会づくりを考える会員有志の専門部『みんなぁ育ち合おう部』が、2018年度に引き続き、2019年度も『平成31年度高知県安心子育て応援事業費補助事業』の助成を受けた事業に取り組みました。
『ココロをはぐくむ時間』と称したこの事業では、0~3歳児と保護者を対象に生の舞台鑑賞やワークショップを行い、文化芸術に触れることの大切さや楽しさを伝え、子どもの豊かな育ちにとって必要なものをそれぞれの立場で見つけてこれからの子育てに活かしてもらうことを目的としています。また、子育て世代の孤独の緩和を目指し、人とつながることの大切さや心強さを知ってもらうための講座を保護者対象に行いました。

第1弾 プレイアドバイザー中市真帆さんの『とびだせ!絵本』 

日 時:2019年7月13日(土) 10:00~11:30
会 場:保健福祉センター
参加者:おとな15名・子ども15名

講師の中市真帆さんによる様々な絵本の楽しい読み聞かせの後、絵本を題材にした遊びを子どももおとなも楽しみました。
絵本は読み聞かせだけではなく、遊びに変えて楽しんだり、親子のコミュニケーションのツールとなることを学びました。

 

第2弾 子育て支援センターいるかひろば『土居寿美子さんのお話会』 

日 時:2019年9月13日(金) 10:00~11:30
会 場:高知市南部健康福祉センター
参加者:おとな13名

土居寿美子さんのお話会では、障がいを持つご自身の家族と向き合ってこられた経験談から様々なことを学びました。「相手の特性を理解して対応する」障がいの有無に拘らず、子どもやおとな、人との関わり方で大切なことは同じであると気づき、誰もが生きやすい社会のために動くことの重要性を感じました。
また、子育てをするということは親が自分自身を育てているということであり、不安や悩みなどを一人で抱え込まずに、思いを伝えられる存在を周りにつくることが大切であると知りました。

 

第3弾 高知リトルプレイヤーズシアター田村千賀さんの『ココロもカラダも動かそう!』 

日 時:2019年10月6日(日) 10:00~11:30
会 場:高知市南部健康福祉センター
参加者:おとな16名

身体を動かす時間とトークの時間の2部制でした。
身体を動かす時間では、忙しい子育て中でもできるリフレッシュの方法(リラックス・ストレッチ)を体験。
トークの時間では、講師の田村千賀さんの体験談などをお聞きしながら、相手を理解することで自分も理解してもらえる、しんどいことも向かい合うことで乗り越えられることなどを学び、人と人をつなぐコミュニケーションは、生きていくのに大切なものであることを実感しました。また、仕事を通して多くの子どもたちと関わったきた経験から、子どもの現状や取り巻く環境についてや、子どもは遊びの中で色々な体験をしながら感性・創造力・想像力・コミュニケーション能力を育むということを教えてもらいました。

 

第4弾 ベイビーシアター公演 CAN青芸『ぐるぐる』 

日 時:2019年11月8日(金) 11:00~11:30
会 場:保健福祉センター
参加者:おとな18名・子ども20名

0~3歳の子どもとその保護者を対象に、CAN青芸による台詞のないベイビーシアター『ぐるぐる』を上演しました。
手づくり楽器・ボイスパーカッション・フィーリングパフォーマンスを用いて、「たべる」「ねる」「なく」「おこる」を表現するさまを、0歳は保護者に抱っこされながら全身で、幼児はお膝の上で保護者と笑い合ったり真似をしたりして、生の舞台の楽しさを親子で共有しました。

 

第5弾 ダンス・舞踊講師 大村憲子さんの『ココロもカラダも動かそう!』

日 時:2020年1月18日(土) 11:00~11:30
会 場:高知市南部健康福祉センター
参加数:おとな19名

ストレッチでインナーマッスルや身体をほぐし整えてから、自分の中から湧き上がってくるものをつかみとる、自分の深層に気づいていくという舞踊メソッドを行いました。
人に合わそうとするのではなく、相手を認めていく、そうすることで自分もありのままでいられるという、人との関わり方で大切なことも学びました。

 

事業を終えて

高知での公演が少ないベイビーシアターを上演することができ、0歳から芸術に親しめることを伝えられました。また、ワークショップやお話会では、すぐに子育てや生活の中で活かせることを体験し、生きていく上で大切なことも学びました。
5つの事業を通じて、講師や演者の方との打ち合わせや振り返りの中で私たち主催者側にもたくさんの学びがありました。今後も子育ち・親育ちを取り巻く状況に目を向けながら、自分たちに何ができるかを探っていきたいと思います。

 

 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました