高知市こども劇場50周年記念フェスティバル~全体報告

2021年5月1日(土)・2日(日) 高知市文化プラザかるぽーとにて
Let’s 5o!!みんなぁあつまれ ~高知市こども劇場50周年記念フェスティバル~
(特非)高知市こども劇場 主催・(公財)高知市文化振興事業団 共催

を無事に開催できたことをご報告します!
多くの方にご来場、ご尽力いただき本当にありがとうございました。

高知市こども劇場50周年記念フェスティバルを終えて
特定非営利活動法人 高知市こども劇場 理事長 中郷千尋

 東京で毎年開催されている『子どもと舞台芸術 大博覧会』に初めて参加した時に「おとなも子どもも楽しめて、なんて素敵な催し!!」と、心が踊りました。

 ただ一つ残念なことは食事。
 朝から晩まで舞台にワークショップ、あそびのコーナーが楽しめるのに安心、安全なおいしいご飯がないなんて!!

 高知だとおいしくて安心安全なお店がいっぱいあるのに。
 高知で開催したら交通費も、宿泊費もいらない!
 高知の人たちと協力して開催出来たらうれしい!
 何よりこの楽しさを体験してもらいたい!

「高知で舞台とワークとあそびとおいしいもののフェスティバルをやりたい」という思いがむくむく湧いてきました。

 そんなこんなで「フェスやりたーい」と言い続けていたら、高知でイベントするならこの人にあったらいいよ、と様々なご縁がつながり「フェスをやるなら絶対いくよ!」と言ってくれる創造団体の方が出てきて、高知市こども劇場でも「フェスをやるなら50周年か!?」と賛同してくれる会員が増えました。

 妄想2年、PJ50(創立50周年記念事業実行委員会)が立ち上がり2年。
 コロナ禍での開催だったので、対策についてもたくさん話し合いました。こういう状況の中だからこそ、人と人がつながり、心を動かす生の舞台の必要性を感じました。

 子どもたちにとって今はどんな時代なんだろう?

 日常の延長線上にある非日常、参加した子どもたちにとって、少しでもワクワクや感動、出会いがあったのなら高知市こども劇場の50周年記念フェスティバルは大成功!
 いろんなことをあきらめましたが、今できるベストなフェスティバルだったと思っています。

 何より、2年間準備をしてきた実行委員にとっても貴重な体験となったことでしょう。
 こども劇場は生きていく事に必要な場所ではありませんが、生きていく事に彩をつける場所だと思います。

 51周年からも関わるおとなと子どもが、楽しく成長し合える場所でありたいです。


フェスティバルの大きなテーマ『みる』『あそぶ』『まなぶ』『たべる』『つながる』『その他』にわかれてさらに詳しい報告をしているのでぜひ、ご覧ください。
子どもとおとなが共に育ち合うことを大切にしてきた私たち。フェスティバルでの体験や熱い想いを次の50周年記念事業や51周年に向けてつなげていきたいと思います。

次は50周年記念講演会50周年記念公演オペラシアターこんにゃく座 オペラ『森は生きている』が予定されているよ!お楽しみに★
情報はどんどん更新していくからHPTwitterFacebookをチェックしてね。

※本事業は、「Let’s 5o!!みんなぁあつまれ~高知市こども劇場50周年記念フェスティバル~」における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って行われました。

本事業は、以下助成金の協力を得て実現しています。
公益社団法人企業メセナ協議会 2021 芸術・文化による社会創造ファンド
四国労働金庫 社会貢献活動助成金制度
公益財団法人高知新聞厚生文化事業団 事業助成

高知市こども劇場創立50周年記念事業
フェスティバル実行委員会

タイトルとURLをコピーしました