Let’s Go!! フェスつうしん(3)『つながる』

高知市こども劇場は2021年1月に創立50周年を迎えました!
それを記念して、『みる』『あそぶ』『まなぶ』『たべる』『つながる』をテーマに、多彩なプログラムを展開するフェスティバルを開催します。子どもとおとなが共に育ち合うことを大切にしてきた私たち。50周年の記念イヤーには、子どもとおとなが文化芸術を真ん中に集える場所をつくります。ぜひ遊びに来てね!!

(特非)高知市こども劇場主催・(公財)高知市文化振興事業団共催
Let’s 5o!!みんなぁあつまれ
~高知市こども劇場50周年記念フェスティバル~

2021年 5月 1日(土)・2日(日) 高知市文化プラザかるぽーと

  • 7階市民ギャラリー:小舞台作品上演,劇団によるワークショップ(5/1のみ),会場・ロビー交流あそびコーナー
  • 3階ガレリア:特設フードコーナー
  • 2階大ホール:大舞台作品『コメディ・クラウン・サーカス』上演(5/2のみ)

『Let’s Go!!フェスつうしん』では、テーマごとの催しの説明や魅力をご紹介していきます。今回の特集テーマは『つながる』
フェスの会場では、フェス参加者ならどなたでも無料で参加できる劇団との舞台やロビーでの交流があります。
道端で出会う大道芸のように、間近で演者の息遣いを感じることができます。演者と観客と自分。つながりあいながらひとつの空間をつくる楽しさと興奮をぜひ体験してみて!
さあ、Let’s Go!!フェス!

舞台・ロビー交流紹介

ピアニカの魔術師

ミッチュリー&高田亮介(サウンドポケット)

5/1(土)10:00~10:30
会場A
フェスティバルの開催を飾るオープニングイベント。独特の奏法でピアニカの固定概念を覆す、ピアニカの魔術師ことミッチュリーとギタリスト高田亮介のコラボ!心を奪われます!

パントマイム

チカパン(パントマイムプラネット)

5/1(土)①11:00~11:30・②14:40~15:10
ロビー
キュートなパントマイマー「チカパン」によるパントマイムショー。チカパンのマイムは、誰もが楽しめて、みんなを笑顔にしてくれます!

紙芝居

おかもとあつし(紙芝居座へんしも)

5/1(土)12:30~13:00
ロビー
高知県で活躍中の紙芝居作家おかもとあつしさんによる手づくり紙芝居。昔話から創作作品まで、さて何が飛び出すかな?お楽しみに!

ホーミーと馬頭琴

「生音空間」岡林立哉

5/1(土)15:30~16:00
ロビー

名古屋市出身、高知県在住。日本でも数少ないホーミー・馬頭琴奏者の岡林立哉さんによるコンサート。本場モンゴルで遊牧民から学んだ演奏を、生音にこだわってお届けします。

みんなあつまれ!
オトブンランド

松村凜士郎・山地高・北村真実

5/1(土)17:10~17:40
会場A
高知から「勇気と元気」を発信!個性豊かな県内音楽家によるコンサート。ピアニカの魔術師ミッチュリーとのコラボも必見!

パフォーマンス
byにんぎょう

永野むつみ(人形劇団ひぽぽたあむ)

5/2(日)11:00~12:00
片手遣い人形劇のプロ、永野むつみさんによるパフォーマンス。人形たちの動き一つ一つに目が釘付けになること間違いなし。どんな人形たちに出会えるかな?

腹話術

人形芝居燕屋

5/2(日)12:40~13:10
信州松本を拠点に、肩掛け人形芝居の巡演を行っている人形芝居燕屋さんによる腹話術。トリのカンクローとのおかしなトークショーをお楽しみください!

こども劇場では「つながる」ことをとても大切にしています。
こども劇場が会員制であるひとつの理由でもあります。舞台鑑賞の空気感を分かち合う仲間がいること。楽しい思い出を共有する仲間がいること。お互いの成長を喜び合うこと。つながり、分かち合う仲間は子ども同士、おとな同士、時には子どもとおとな。それはとても豊かで幸せなことなのです。

※本催しは、高知市こども劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って行われます。

【お詫び】入場料100円でどなたでも気軽にご入場いただける行事を目指していましたが、コロナ禍を鑑み、入場者数を制限することになりました。現状は舞台鑑賞とワークショップ参加者のみ、入場と3階特設フードコーナーの利用が可能です。ご了承下さい。

お問い合わせ先

(特非) 高知市こども劇場 ☎088-879-7160

本事業は、以下助成金の協力を得て実現しています。
公益社団法人企業メセナ協議会 2021 芸術・文化による社会創造ファンド
四国労働金庫 社会貢献活動助成金制度

高知市こども劇場創立50周年記念事業
フェスティバル実行委員会

タイトルとURLをコピーしました