3月期高学年例会『糸による奇妙な夜』

2月 16th, 2018

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

糸による奇妙C

 

2018年3月15日(木)に行います3月期高学年向け舞台鑑賞例会は、

かるぽーと小ホールにて19:00開演の、人形劇団ココン『糸による奇妙な夜』です。

 

 

 

 

夜はこわくてさびしい・・・でもなんだか楽しい。

そんな奇妙な6つの夜をお届けします。

抽象的な形が動き始める3つの「カタチの夜」と

ひとり芝居の糸操り人形劇の作品集です。

子どももおとなも惹きこまれる不思議な人形劇。

目の前で広がる別世界をお楽しみください!

3月期低学年例会『カボとピノ』

2月 16th, 2018

子どもとおとなが一緒に年4回、生の舞台(演劇・音楽・人形劇など)を楽しみます。定期的・継続的に観るので、舞台鑑賞(定)例会と言います。

 

pino

 

2018年3月期低学年向け舞台鑑賞例会は、3月13日(火)、14日(水)、両日ともかるぽーと小ホールにて19:00開演の、人形劇団ココン『カボとピノ』です。

 

 

 

 

この作品は、

「なんでもカボの真似をしてやってみるけれど、ピノはなかなか思うようにはいかず、あれあれ?いろんなハプニングが起きてしまう。。。」

そんな、きょうだいの日常のやりとりのおもしろさ・交流のあたたかさを描いた4つのエピソードのオムニバス作品です。

「ああ、うちと同じだな。」と思う瞬間もあるかもしれませんよ。

手遣い・棒遣いの人形ならではの動きを楽しんでいただきたい人形劇です。

ぜひ会員になってお楽しみくださいね。

『今月の坂クマさん』更新!

1月 26th, 2018

新しい『坂クマのまんが』のページupしました。

良かったら寄ってみてください!→ 「今すぐ見る!」

I LOVE こども劇場〈13〉

1月 19th, 2018

こども劇場のここが好き (ღˇᴗˇ)。♥

会員の生の声からLOVEを伝えます!

あなたにも好きになってもらえるといいな…

 

Oさん(会員歴16年)

入会した年に初めて参加した例会企画会議(当時は総会と同時開催)がおもしろくて、『観たい例会を会員自ら選ぶ』ことに、スゴーイ!!これは出席しないとソンだ!と思いました。

会員自ら例会運営することも感心しました。

 それから、我家にとってのこども劇場は体験の場でした。住んでいる地域に子ども会が無かったこともあり、異年齢集団での経験をつませたいと、劇場行事には熱心に参加。

クリスマス会、おもちつき、みかん狩りに高学年キャンプ……リクエストに応えて企画してくれた芸西天文学習館での天体観測などなど。

そうです。こども劇場のスキなところ—こんなふうにやりたいことを自分たちで企画運営できるところ。その体験を通じて親も子も育ちあえるところ。

こども劇場の魅力はここにこそあると思います。

 

DSCF3151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども劇場が好きな理由は人それぞれ。

これからも会員の生の声を届けていきます。お楽しみに!

 

I LOVE こども劇場〈12〉

1月 19th, 2018

 

こども劇場のここが好き (ღˇᴗˇ)。♥

会員の生の声からLOVEを伝えます!

あなたにも好きになってもらえるといいな…

 

S さん(会員歴46年)

 1964年5月に高知県民になって以来、私が増やした高知県の人口は子ども・孫で14人です。私を含めてみんなこども劇場に育てられましたが、以下は親族の話ではなく、こども劇場に関わる中で得た「斜めの関係」の話です。2001年3月、三重県で開かれた「子ども・NPOフォーラム 子どもサミット」に参加したときのことです。坂倉県協事務局長はご長女の夏奈ちゃん(当時3年生)と一緒に参加されました。

昼間の行事を終えて夜の宿舎で、部屋のユニットバスではなく、大きいお風呂に入りたい夏奈ちゃん。さすがにお父さんと一緒というわけにはいかず、坂倉さんに「すみませんが…」と頼まれた私が一緒に大浴場へ行きました。私はシャンプーをしてあげただけで、あとは自由行動。彼女の元気さにはついて行けず、早々とリタイア、保護責任を放棄してしまいました。もう時効だと思うけど、ごめんなさい。一緒にお風呂に入っただけですが、坂倉さんの依頼も、夏奈ちゃんの笑顔もうれしく、親子・兄弟という縦横の関係だけではない斜めの関係を実感して、心温まる幸せな時間でした。

 

f4c8d91ca8d1a6be5638280e5beedef5ebded289big (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども劇場が好きな理由は人それぞれ。

これからも会員の生の声を届けていきます。お楽しみに!